育て方

半日陰でのエシャレット(ラッキョウ)の育て方

エシャレットを半日陰で育てるポイント どんな土壌でも栽培できるくらい柔軟性がある植物乾燥するくらいがちょうどいい日陰なので軟白化には有利しっかりしたものを収穫するなら少しでも日照が長いところへ エシャレットの品種と撒き時など(中間...
育て方

半日陰でのセリの育て方

セリを半日陰で育てるポイント 半日陰が育成最適乾燥に非常に弱い害虫による食害が多い セリの品種と撒き時など(中間地) セリ科の多年草です。 日本原産とされており、春の七草の一つとして有名です。 水田の畔道や湿地な...
育て方

半日陰でのパセリの育て方

パセリを半日陰で育てるポイント 半日陰でも出来るだけ日照を確保したい害虫の食害(特にアゲハ)に注意涼しいほうが好環境 パセリの品種と撒き時など(中間地) パセリは、セリ科の植物です。南イタリアおよびアルジェリアが原産といわれ...
育て方

半日陰でのミツバの育て方

ミツバを半日陰で育てるポイント 日照が少なくても全然大丈夫寒さにも強い ミツバって 品種と撒き時など(中間地) ミツバは、セリ科の多年草です。北海道から沖縄までの日本各地に広く分布し、山地の日陰に自生しています。 葉...
育て方

半日陰でのシソ(大葉)の育て方

シソ(大葉)を半日陰で育てるポイント 半日陰の方が葉が柔らかいものが収穫できる株が小さいうちは周りの雑草を取ってあげる日照がかなり少ない場所でも育成できる シソ(大葉)の品種と撒き時など(中間地) シソは、シソ科のシソ植物で...
育て方

半日陰でのサトイモの育て方

サトイモを半日陰で育てるポイント 半日陰の方が大きくなりにくい乾燥に弱いので、半日陰の方が管理はラク寒いのが苦手なので植え付け時期が難しい サトイモの品種と撒き時など(中間地) サトイモは、サトイモ科の植物です。アジアの各地...
育て方

半日陰でのイチゴ(一季なり)の育て方

イチゴを半日陰で育てるポイント 株を育てるのは半日陰の方が簡単実が痛み易いので風通り良くする肥料をあげ過ぎない イチゴの品種と撒き時など(中間地) イチゴは、バラ科の多年草です。バラ科と言っても大きなトゲはありませんが、葉の...
育て方

半日陰でのフキの育て方と利用方法

フキの品種について フキはキク科フキ属の多年草の植物です。日本原産で各地で自生・栽培されています。 野性種では背丈が50cmくらいですが、2m程度にもなるアキタブキや、茎の太いミズブキなどの栽培品種があります。 見た目で...
育て方

フキは種から育つのか検証した結果

【ひかげ菜園】では、フキ(恐らくノブキ)を育てています。フキは花の部分であるフキノトウや茎(正確には葉柄)を食用とします。花であるフキノトウがそのまま育っていくと種が出来るのですが、種から育てる事をあまり聞きませんよね。フキは地下茎を利用...
野草利用

カラスノエンドウの利用方法

この記事を読んでわかること カラスノエンドウがどんな植物なのか実際にどのように利用することができるのか自分でも利用することができるのか 2月の下旬となり、一年の中で最も寒い季節を抜けました。 筆者の自宅の庭もだいぶ雑草が元気...
タイトルとURLをコピーしました