hiropin

育て方

半日陰でのミツバの育て方

ミツバを半日陰で育てるポイント 日照が少なくても全然大丈夫寒さにも強い ミツバって 品種と撒き時など(中間地) ミツバは、セリ科の多年草です。北海道から沖縄までの日本各地に広く分布し、山地の日陰に自生しています。 葉...
育て方

半日陰でのシソ(大葉)の育て方

シソ(大葉)を半日陰で育てるポイント 半日陰の方が葉が柔らかいものが収穫できる株が小さいうちは周りの雑草を取ってあげる日照がかなり少ない場所でも育成できる シソ(大葉)の品種と撒き時など(中間地) シソは、シソ科のシソ植物で...
育て方

半日陰でのサトイモの育て方

サトイモを半日陰で育てるポイント 半日陰の方が大きくなりにくい乾燥に弱いので、半日陰の方が管理はラク寒いのが苦手なので植え付け時期が難しい サトイモの品種と撒き時など(中間地) サトイモは、サトイモ科の植物です。アジアの各地...
育て方

半日陰でのイチゴ(一季なり)の育て方

イチゴを半日陰で育てるポイント 株を育てるのは半日陰の方が簡単実が痛み易いので風通り良くする肥料をあげ過ぎない イチゴの品種と撒き時など(中間地) イチゴは、バラ科の多年草です。バラ科と言っても大きなトゲはありませんが、葉の...
育て方

半日陰でのフキの育て方と利用方法

フキの品種について フキはキク科フキ属の多年草の植物です。日本原産で各地で自生・栽培されています。 野性種では背丈が50cmくらいですが、2m程度にもなるアキタブキや、茎の太いミズブキなどの栽培品種があります。 見た目で...
育て方

フキは種から育つのか検証した結果

【ひかげ菜園】では、フキ(恐らくノブキ)を育てています。フキは花の部分であるフキノトウや茎(正確には葉柄)を食用とします。花であるフキノトウがそのまま育っていくと種が出来るのですが、種から育てる事をあまり聞きませんよね。フキは地下茎を利用...
野草利用

カラスノエンドウの利用方法

この記事を読んでわかること カラスノエンドウがどんな植物なのか実際にどのように利用することができるのか自分でも利用することができるのか 2月の下旬となり、一年の中で最も寒い季節を抜けました。 筆者の自宅の庭もだいぶ雑草が元気...
野草利用

オニノゲシを食べてみました

筆者の庭に【ひかげ菜園】を作っていますが、斜面のため利用されている面積はわずかです。 当然のことながら、菜園として利用出来ていない部分にはいわゆる雑草が生えてきます。 日陰とは言え、放っておくと腰の高さくらいまで伸びてきてしま...
野草利用

ノンカフェイン!ドクダミ茶作り方と効能

十薬と呼ばれるくらい多くの効能・効果がある ドクダミという名前で、日陰のジメジメしたところで丈夫に育つ植物であることから毒(ドク)があると勘違いされている事が多いです。 しかしながら、毒は無く食用として利用することも可能です。...
野草利用

作るなら6月! ドクダミ酒 効能も紹介

これからの季節は、雑草を刈っても刈っても生えてくる季節になります。 草刈りをしたことがある方はご存じでしょうが、まず間違いなくドクダミの独特の臭いがしてきます。 ドクダミはどこにでも生えている雑草ですが、実は十薬と呼ばれるほど...
タイトルとURLをコピーしました